塗装

雨で腐食する

雨漏り修理にはどんな取り組みがあるか

雨漏り修理にはどんな方法があるのか。その取り組みについて調べてみました。 突然の雨漏り、台風の時などに雨漏りする、雨染みが大きくなったなどの相談が寄せられます。 雨漏り修理で多く寄せられる雨漏り箇所は棟板金・スレート・漆喰・瓦・谷樋・ベランダ・天窓などです。 ここではスレートについての修理方法を紹介します。 スレートにひび割れがあると、そこから雨水が侵入して雨漏りの原因となります。まず、ひび割れたスレートをリッパーという特殊な工具で取り除きます。そして接着剤となるコーキングを塗ります。更に新しいスレートを入れ込んで、位置を調整します。最後にシーラーを塗って、マスキングテープをしてから塗装します。そして乾燥すれば完了します。 いずれの雨漏り修理でも、安価でより早く、対応できる業者が多いようです。

どんな人がおこなっているか

雨漏り修理業者には大きなインターネットサイトや全国の加盟店などによって業者を紹介しているところが多いようです。 便利屋さんでおこなっているのも散見されますが、多くは専門の職人が雨漏り修理をするようです。実績や雨漏り修理のノウハウ、資格豊富なのを売りにしているところがほとんどです。 また全国網羅している業者も多く、中には木造・鉄骨・RC造、箇所ごと、それぞれに特化した雨漏り修理業者もいます。 当該箇所の雨漏りが完全に収まるまでの金額という値段設定をしているところもあり、また自然の散水試験を行っているところもあります。 また、弁護士が法的な面でサポートしてくれたり、リフォームに際してローンを組むこともできるようになっているところもあります。